アパート建築の手順

投資目的でアパートを所有するには、既存の中古物件を購入する場合と、新しく建築する方法があります。
しかし新築する場合にはしっかり手順を踏む必要がありますので、このページでは新規でアパート建築する手順を紹介します。

最初に、アパートを建てる建築会社を選択します。
建築会社を選ぶには注意が必要です。
建築会社や、ハウスメーカーなどのホームページを見て参考にしたり、雑誌の特集などである程度あたりを付けておく事が重要になります。
建築会社を選定すると同時に、これから建築できた後にお願いする不動産も決めておくとよりスムーズな資産運用を行う事ができます。
その後、重要な事は、建設するアパートのタイプや間取りを決める事です。
例えば閑静な住宅街に建築するなら家族向けの間取りの部屋のあるアパートがこのまれますし、大学の近くの駅の場合には、ワンルームの方が需要があると思います。
様々な角度から検討すると共に、不動産会社としっかり相談してください。

建てるアパートが決まりましたら、建築の確認申請を行ってください。
工事を行う前に、敷地や構造、設備などの内容を記載した建築確認申請書を提出する必要があります。
この申請を行わずに、認可を受ける前に工事を行ってしまうと取りやめになってしまう事もありますので注意してください。
その後は、不動産会社と建築会社にお任せになる方も多いのですが、購入者自身も建築関係の書籍を読んだり、わからない所を不動産会社などに聞くなどして、建築するのに必要な知識をしっかり確認しておく事が重要になります。
アパートが完成すると、建築業者から工事監理の最終的な報告を受けます。

アパートは、保証書類と一緒に引き渡されます。
その時にしっかり定期点検の時期や内容。
アフターサービスなどについても確認しておくと、その後のアパート運営をスムーズに行う事ができますのでしっかり確認してください。
その後は不動産会社とのやりとりになりますので、なるべく密に話をできる関係になるように努力してください。
アパートが完成しても、しっかり運営するために覚えておいて欲しい事がありますので、このサイトではアパート運営に必要な情報を紹介させて頂きます。

Copyright © 2014 アパート建築の手順 All Rights Reserved.